大人ニキビを徹底解説、乾燥するのにニキビができる原因

大人ニキビのお悩み

先日、新規のお客様がフェイシャルエステを受けにお越し下さいました。
30代・色白でキメの細かい肌質で、「今までニキビが出来た事がなかった」というお客様。
「スキンケアは頑張っているのに、顎や頬にニキビが頻繁にできて治りにくいんです」というご相談を受けました。
聞けば、お仕事が忙しく睡眠不足のご様子。さらに、今の季節も重なり、肌が乾燥している状態でした。
このように、30歳頃からニキビに悩み始める方は少なくないと思います。

 

大人ニキビの原因

思春期のニキビは、ホルモンバランスにより皮脂の分泌が増え、アクネ菌が増殖する事により起こります。
好発部位は額や頬、毛穴が目立ち、オイリー肌〜混合肌に見られ、乾燥肌にはほとんど見られません。

一方、大人ニキビはオイリー肌に限らず混合肌や乾燥肌の人にも見られ、今までニキビなど出来たことがなかったような人が、20代後半〜30代を過ぎてからニキビに悩まされるというケースはよくあります。
好発部位は顔の下の方、顎やフェイスラインが主です。ストレスにより男性ホルモンが優位になると皮脂分泌が過剰になりますが、これが影響していることからも、通称「髭ニキビ」などと呼ばれます。
また、年齢と共に肌の水分量は減少し、ターンオーバーが低下するため、肌表面は硬くなり古い角質がたまりやすくなります。
これが毛穴の出口を塞いでしまうことで、皮脂が排出されずアクネ菌が増殖し、ニキビが発生します。
「乾燥しているのにベタつきがある」というのは、肌が「水分不足・油分過多」の状態で、大人ニキビの典型と言えます。

 

 

大人ニキビを改善するスキンケア方法

1.肥厚した古い角質を丁寧に取り除く

角質の肥厚は、ターンオーバー(新陳代謝)の低下により、剥がれ落ちるべき古い角質が肌表面に残ってしまうことで起こります。
そこで、ピーリング成分が配合された洗顔やふき取り化粧水をいつものスキンケアに加えて、毎日少しずつ古い角質を取り除いてあげるのが良いでしょう。
ただし、大人ニキビにアクネ用の化粧品を使用すると、余計に乾燥して水分不足に陥ってしまうことがあるので、要注意です。
古い角質は取りつつ、潤いは残しておくことがポイントです。洗顔や化粧水は、ピーリング作用と保湿作用、両方を併せ持ったものを選びましょう。

2.ニキビの炎症を鎮静させる

赤みや炎症が長引くとメラノサイトが活性化し、ニキビ痕がシミのように色素沈着してしまいます。
これを防ぐために、出来てしまったニキビの炎症は早く鎮める必要があります。
ニキビを潰したりむやみに触らないのは、言うまでもありません。
抗炎症成分が配合された化粧水や美容液、パックなどを使用して、赤みや炎症を落ち着かせましょう。

3.角質層の保水力を高め、毛穴づまりを予防する

肌表面の角質層には、肌が自ら水分を保つ力がもともと備わっています。
しかし、年齢と共に肌の保水力は低下するため、様々な肌トラブルがおこります。
化粧品でそれを補うことにより、保水力を高めることができます。
潤いのある柔らかい肌は、毛穴の出口が塞がれることなく、皮脂がスムーズに排出されるようになります。
「水分不足・油分過多」の状態から、水分たっぷりの肌にして水分と油分のバランスをとることにより、二キビの出来にくい肌になっていきます。

正しい保湿についてはこちら → 「化粧水バシャバシャ+乳液でフタ」本当に保湿できてる?

 

一人ひとり、肌の個性に応じて

大人ニキビの改善には、毎日どのようなスキンケアを行っているかが大きく影響します。
サロンケア+ホームケアを正しく行えば、早ければ 2〜3ヶ月で大人ニキビは改善されていくでしょう。
とはいえ、自分の肌で一体何が起っているのか、スキンケアをどのように行えば良いのか、分からないことは沢山あると思います。
そんな時こそ、肌改善のプロにご相談下さい。

ひと口に〝大人ニキビ” と言っても、一人ひとり肌の個性は様々ですから、対策も異なります。
たとえば…

・乾燥しやすい方は、朝の洗顔を軽めに
・少しオイリー肌の方は、油分少なめで徹底した保湿を
・ニキビ痕の色素沈着が気になる方には、美白と肌再生ケア
・生活習慣、ストレスケア、生理の周期に沿ったお手入れ方法 など…

ブルジョンでは、肌の表面と内部の状態をチェックし、丁寧にカウンセリングを行います。
お一人お一人に合ったサロントリートメント・ご自宅でのスキンケアのアドバイスを行い、多くのお客様が肌の悩みを最短で改善されています。
ブルジョンのスキンケアプログラムで、あなたも理想の肌を手に入れて下さい。

 

予約・お問い合わせはこちら