肝斑や毛穴の開き、赤みが改善した40代お客様のビフォーアフター

お客様のビフォーアフターをご紹介します。
頬の肝斑、赤み、毛穴の開き・詰まりを改善したいと、昨年6月に初めてお越し下さいました。
一番の悩みは、色ムラのように見える頬の状態。
良かれと思ってスキンケアをすれば、赤みが出たりニキビが出来たり、
自分の肌は一体どうしたら良くなるのか、とても悩んでおられました。

1クール6ヶ月の肌再生プログラムで、ここまで綺麗になりました。

肝斑・赤み・毛穴ビフォーアフター

肌質はオイリータイプ、額や髪の生え際にはニキビが出来ていました。
通常、肌に赤みが出やすいのは、顔の中でも皮膚が薄く摩擦が起きやすい頬骨の上なのですが、
この方の場合、頬中央から下部にかけて赤みが見られます。
この辺りは毛穴が開き、起床時や日中にベタつきを感じることから、Tゾーンに次いで皮脂分泌が多い部位であり、
自身の皮脂にかぶれているような状態でした。

皮脂かぶれというのは、皮脂そのものにかぶれている訳ではありません。
肌表面に残った皮脂は、油なので時間とともに酸化したり雑菌が繁殖します。
それに反応して肌に炎症が起こり、赤み、ニキビ、毛穴の開きなどが起こるのです。
さらに言えば、油分過多でありながら水分不足というアンバランスな状態が、様々な肌トラブルを引き起こしていると考えました。

まずは、丁寧な洗顔と、オイルフリーでの徹底した保湿を心がけ、
リハビリトリートメントを1ヶ月続けていただきました。
下の写真で7月には、赤みがかなり落ち着いているのがお判りいただけるかと思います。

ところが、赤みが無くなり透明感がでてくると、肝斑が一層目立ちやすくなりました。
初めて肌再生プログラムを行うお客様は、大体ここで 「前よりシミが濃くなった」 と、一気に不安になります。
しかし、ご安心下さい。
お伝えした通り、きちんとお手入れを続けていけば、薄くなります。
肌の炎症が落ち着き、キメが整ってきたので、ここからが肌再生の本番です。

フルトリートメントを終える頃には、肝斑が薄くなり、
見違えるほど白く滑らかなお肌になりました。
肝斑・赤み・毛穴ビフォーアフター

肝斑は頬の広範囲にあり、下の写真・青い矢印部位のように
白く抜けたような状態になっていました。
初めてのカウンセリングでは、「頬に白抜けした部分があるんです」 と仰っていました。
肝斑が薄くなると、実は白く抜けて見えた部分は、この方が持っている本来の肌色であったことが分かります。
事実、首やデコルテは色白で、とても綺麗です。
お顔も肌が白くなったことで、首と顔の色が同じになりました。
コンシーラーやファンデーションは、もう必要ありません。

肝斑・赤み・毛穴ビフォーアフター

レチノールやピュアハイドロキノンは、肌再生を行う上で要の成分とも言えます。
肌再生のピークでは、赤みや角質剥離などの好転反応が出ることもありますが、
この方は、成分に対しかなり敏感に反応する肌質だったため、
プログラムを進めていくのが、なかなか難しいケースでした。
しかし、毎月1回のスキンチェックとサロンケアでしっかり肌の状態を見極め、
私のアドバイスをきちんと守り、毎日のホームケアを根気よく続けていただいたことが、
短期間で素晴らしい結果に繋がったと思います。

肝斑・赤み・毛穴ビフォーアフター

「岡野さんに相談して、本当に良かったです!」 と、何度も仰ってくださいました。
正直なところ、私も予想以上の仕上がりです。

 

シミ、肝斑、くすみ、たるみ、シワ、ニキビ等でお悩みの方、
ご自身の肌を知る機会として、カウンセリングを受けてみませんか?
スキンチェックは無料です。お問合せは下記まで

メール≫ esthetique.bourgeon@gmail.com
LINE@ ID≫ @bour
インスタグラム≫ @e_bourgeon
サロン電話≫ 055-941-7007

静岡県三島市初音台
エステティック ブルジョン