このウェブサイトに掲載されている全ての著作物
(写真、イラスト、動画、文章)について、
転載・盗用・複製・引用を固く禁止します。
著作権侵害行為を行った者には、
著作権法(第112条、第114条)に基づき、
差止め請求と損害賠償を請求します。
たとえ、そのコンテンツが他のサイトや
広告から入手した場合であっても、
このウェブサイトの著作物であることが
明らかな場合、差し止めと損害賠償を請求します。
損害賠償に応じない場合、
弁護士を通して刑事責任を追求します。

以下、経済産業省HPより
著作権を侵害した者は原則として
10年以下の懲役又は1,000万円以下の
罰金に処するとされているので、
告訴することにより警察・検察により
刑事責任の追及がなされる可能性もあります
(著作権法第119条)。
法人については、その業務に関して
侵害行為を行った場合、
その実行行為者の処罰に加えて、
業務主体たる法人にも罰金刑
(原則として3億円以下の罰金)
が科されるとする、いわゆる両罰規定が
おかれています(著作権法第124条)。

https://www.meti.go.jp/policy/ipr/infringe/remedy/remedy03-4.html